2008年5月アーカイブ

2008年5月27日

NANA様

最高の式をありがとうございました。

多くの友人から「式が感動した」と声をかけていただきました。

夫も「(結婚式用の牧師ではない)本物の教会牧師に来てもらえたのが

本当によかった。メッセージが良かった。」と言っています。



国際結婚で、2カ国で挙式および披露宴をすることが決まっていたので、

当初日本ではお金のかからない人前式を考えていました。

でもニュージーランドでの教会式があまりに温かく素晴らしいものだったので、どうしても日本でも再現したくなりました。



私はクリスチャンですが諸事情により現在所属教会がないため、

ニュージーランドの地からインターネットで色々検索していたところ、

ようやく御社にたどり着きました。

「これだ」とその場ですぐ問合せをさせていただきました。

実際、ホームページに謳っている通り、オリジナルな結婚式作りに

とことん協力してくださり、本当に感謝しています。



私たちは、途中で会場全体で歌うシーンを設けたり、

指輪交換や誓いの言葉もニュージーランドでのものを参考にお願いしたり、

ベストマンやブライズメイドをつけたり、

様々な注文をださせていただきました。

牧師様からも嬉しいご提案をいただきました。

ひとつは会場作りについてです。

レストランだったのですが、前のソファーに白いテーブルクロスを敷き詰め、バージンロードを弾いてもらえるようお店にお願いし、そして牧師様のご持参くださった大きな聖書を展示した途端、レストランホールが見事に神聖な挙式の空間になりました。



そして何より、挙式の中で牧師様がしてくださった「愛」に関するメッセージで、私たちをはじめ会場中の人たちが神聖であたたかい空気に浸ることができました。



参列者のほとんどは教会に行ったことがない人達ですが、

それでも皆を感動させるメッセージができるのは、

ひとえに牧師様の人柄だと思います。



人前式のように友達同士で集まるだけなら、いつでもできます。

教会式にこだわったからこそ、私自身にとっても来た人にとっても何かとても「またとない特別な時間」になったと思います。

結婚式という一生に一度の節目に、このような素敵なオリジナル教会式をしていただいて、本当に幸せです。



ありがとうございました!

このアーカイブについて

このページには、2008年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。